カードローン審査基準

カードローン審査基準|落ちる人落ちない人

カードローン審査基準

カードローンで借り入れをする時に、どうして落ちる人とオチない人がいるのか利用する側には審査基準が全くわからないですね。
確かに、カードローン会社として、このようなものを基準にして審査をしていますという詳細はどこも公開していません。
一定の目安になるものとして年齢や収入の有無などに関しては公式ホームページにも掲載しています。
こちらとしては、それを基準に利用できるかどうかの検討をしている状態ですね。

 

基本的なところで、分かっている審査基準について考えてみましょう。
まず、今までの履歴についてですね。
そのカードローン会社が初めてなのかどうか、そしてカードローン自体の利用が初めてなのかということがチェックされます。
そして経験があるということなら、以前に借り入れしていた時の返済状況が確認されますね。
返済が順調だったのか、延滞があったのか、そして最終的にブラックリストの掲載がないのかということを審査しているようです。
これらの情報に関しては、信用情報というものを利用しています。
カードローン会社など金融機関で共有している情報のデータベースだと思って構わないでしょう。
金融機関によって、いくつかある信用情報を個別に参照しますが、ほとんど全ての利用状況が把握されますね。

 

信用情報では他のことも確認されますよ。

 

収入の1/3以上は貸付をしてはいけないという基準が決められています。
これは総量規制というものなのですが、信用情報を見る事で分かるようになっています。
他社で借り入れがあり、それがどの程度の金額なのかがわかるようになっています。

 

また、他社で返済の滞りがないのかも確認していますね。
年収450万円の方がAというカードローン会社に審査申し込みをしようとして、その希望額が1/3の150万円だとしても、Bというカードローン会社ですでに100万円の融資を受けていると、Aというカードローン会社から借り入れできる上限額は、大きく見ても50万円までということです。

 

総量規制に関しては、利用するカードローン会社によって、この総量規制が適用にならないこともありますね。
消費者金融と利用するのか、銀行で提供しているカードローンを利用するのかで分かれます。
消費者金融では、必ず総量規制の対象となります。

 

一方、銀行で提供しているサービスとしてカードローンで借り入れするのであれば、総量規制の対象とはなりませんね。
消費者金融のカードローンと、銀行でのカードローンでは、金利や審査の基準の厳しさなどに違いがありますよ。
使い勝手の良い方を選べるように検討してみましょう。
通常、カードローン審査では、審査通過後の利用上限額は、あまり大きくしないものとなっていますので、この点は把握していたほうがいいでしょう。

審査における個人情報確認

個人情報に関しての確認も行っています。

 

審査申し込みをする時に、インターネットを使って受付をするときには個人情報を入力しますね。
これには、名前や住所の他に記載する部分があります。
居住年数や勤続年数に関してですね。
何の審査なのかと思ってしまいますが、居住年数や勤務年数は長いほど利用者の信用度が上がると思って下さい。
まず、居住年数に関しては、賃貸なのか持ち家なのかというところを基準に確認します。

 

一般的に、賃貸よりも持ち家で居住年数が長いと安定的な収入を維持していると判断できます。
また、勤務年数は居住年数よりも大事なポイントになります。
カードローン会社も返済能力のある方に融資をしますので、継続的に安定した収入があるのは基準として大事ですよ。

 

サラリーマンの方ですと、通常は1年以上の勤務年数があれば問題無いと言われています。
ただし、総合的な判断をしますので、勤務年数が1年以上だから絶対に大丈夫ということではありません
短い期間で職場を転々とするようなことがあれば、信頼度が下がると思って構いませんよ。

 

居住年数と勤務年数については、こちら方提出する運転免許証や健康保険証などでは確認できませんので、別の方法を利用するでしょう。
ほとんどは、ご自宅への在宅確認やお勤め先への在籍確認の電話をします。
電話に関してはカードローン会社の名前ではなく、個人名でかかってきますので、特に問題は発生しないでしょう。
インターネットで審査申し込みをすると電話での確認を取らないカードローン会社もあります。

 

種類別に見た審査基準の違い

カードローンの種類によって審査の基準に関しての厳しさが変わります。
銀行のカードローンでは比較的厳しい審査の基準と、結果が出るまでの時間が長くなっています。
消費者金融では迅速な審査と、一般的には審査基準が銀行ほど厳しくないとは言われますね。
しかし、カードローン会社でも返済の出来ない方へ融資をすることはありませんので、いずれにしても適正な審査は行っているものです。

 

稀に審査の甘いカードローン会社と紹介されるようなところがありますが、これは利用を控えたほうが良いでしょう。
厳しい審査基準を持って行っているのなら、適正な額を融資して返済できるかということまで考えているカードローン会社です。
ゆるい審査で簡単に融資を行うようなカードローン会社では、法律の規制を受けない方法で高い金利をかけられます。
返済が滞った場合の対処も、違法なことを行うケースが考えられますので、審査の基準が厳しいというのはカードローン会社が法に則って運営されている証拠でもあります。

 

 

モビットやプロミスなどでは、インターネット申し込みが出来て便利だというメリットもあります。
そして、しっかりした審査をすることによって、カードローンに落ちる人落ちない人は分かれますが、無理な返済を迫るようなことはしていませんので安心して利用できますね。

 

お急ぎでカードローンの利用を希望している方は、当日には審査結果が出たほうが使いやすいですね。
インターネットで審査申し込みをすると、スピーディに結果の出るカードローン会社もあります。
各カードローン会社で公式サイトに掲載している時間は単なる目安であり、希望者によって審査時間が異なります。
場合によっては、当日に審査結果が出ないこともありますよ。
一般的なサラリーマンの方でと審査通過に時間がかかることはないと思いますが、この点は理解しておいた方が良いところだと思います。

 

インターネットでの審査申し込みは、24時間365日受付はしています。
実際の審査をするのは、営業時間内になりますが、手続きを済ませられるのは便利ですね。
忙しいサラリーマンは、審査受付の営業時間内の申し込みでは難しいこともありますので、こういった方法を選択しても良いでしょう。
他の方法での審査よりも早く審査結果が出ることも期待できますね。

 

各カードローン会社によって、利用の仕方が異なりますが、インターネットでの申し込みをした場合は、銀行への振込キャッシングになっている事が多いです。
その場合には提携している銀行口座がありますので、必要があれば公式ホームページを確認して、口座の開設をしておくとスムーズなのではないでしょうか?
審査通過後にカードの発行を受けて、提携ATMでの引き出しをするケースもありますので、いずれにしても利用開始の流れも把握しておきたいですね。

 

カードローンで、審査に落ちる人と落ちない人の基準の概要は以上のようになっています。
希望者の信頼性によって審査は判断されますので、適正な深刻を行うようにしましょう。
虚偽の申し出をしても審査の過程で確実に分かるものとなっています。

結婚式ラッシュを乗り切れた

半年ほど前、僕の友人や会社の同僚など、結婚式がかなり続く月がありました。
おめでたいことで喜ばしいことなのですが、やはりそれだけ続くとお祝い金がかさんでかなり苦しくなりました。
このままだと生活費がかなり危うくなってしまううほどになってしまい、どうしようかと考えました。
実家にも相談したのですが、実家の方でも色々と使う用事があったせいで、貸すのは難しいと言われてしまいました。
そんなとき、テレビのコマーシャルでキャシングについて知りました。

 

ネットで調べてからお店へと向かい、自分のあったプランを提案してもらいました。
無事審査も通り、お金を借りることができました。
おかげで結婚式代、生活費ともに問題がなくなりました。

 

その後の返済にについても、無理なく返せるプランをたてたため、月々少しずつ返済をしています。
あそこでキャッシングを知らなければ、途方にくれていましたので、ほんとうにありがたかったです。
今後もどうしても必要な時には、活用していきたいと思います。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ